レビトラの効果・成分

現在さまざまなED治療薬がありますが、皆さんの中でレビトラと言う医薬品をご存知の方がどの位いらっしゃいますか。
代表的なバイアグラを同じような効果があり、且つマイナス面を改善したED治療薬として注目が集まっています。
ではレビトラの詳しい成分や効果について、触れてみたいと思います。

レビトラはドイツのバイエル社から発売されたED治療薬で、日本ではバイアグラに次いで認可された治療薬です。
おおまかに言うとバイアグラの効果をそのままにし、食事面などの制約を改善したED治療薬と言われています。
バイアグラの欠点をうまく改良した治療薬として、世界的に広まったのがレビトラです。
レビトラは「塩酸バルデナフィル水和物」と言う有効成分が配合されており、バイアグラと同じように勃起を妨げる酵素を抑制し血液の流れを良くする作用があります。
有効成分に違いはありますが、バイアグラと同じような効果が望めるのです。
バイアグラは効果を引き出す為に空腹時の使用を勧めていますが、レビトラは食事のタイミングに左右されずに使用が可能な部分が大きな違いと言えます。

レビトラの効果時間は、服用からおおよそ5~10時間と言われています。
もちろん個人差や体調面での違いはありますが、レビトラは5~20mgと用量に違いがある為に効果時間に開きが出てきます。
また食事に左右されないのが特徴でもありますが、空腹時と満腹時では効果や作用が出始める時間と効力に違いが出るとも言われています。
バイアグラと同じように空腹時の使用の方が成分の浸透が早く、より効き目を実感出来るのです。
成分や効果を把握する事で、使用する際に不安を感じなくなるのではと思います。