EDとは

EDという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、漠然とは分かるものの詳しいことはよく知らないという人も多いのではないでしょうか。
まず多くの人は男性の勃起不能、勃起障害であるという認識だと思います。
もちろんこれは間違いではありませんが、同じ勃起不能、勃起障害であってもそこに至るまでの原因は様々であり幅広い年齢層の男性が悩んでいるのです。
一般的には40代以上に多いと思われがちですが、実は20代、30代の若い人たちにも少なくないものなのです。

一度EDになってしまうと、男性としての自信を失ってしまう原因にもなりますから精神的にも落ち込んでしまいます。
また、夫婦間やパートナーとの性交渉も難しくなってしまいますので、コミュニケーションの面でも問題が出てくることがあります。

まず陰茎が勃起する構造は、陰茎にある平滑筋が性的興奮や刺激などによって緩み、そこから動脈が広がって大量の血液が流れ込むことによって起こります。
しかし、ED患者の場合にはこの平滑筋の緩みを抑える働きをする酵素の数が多く、それによって十分な血液が送られてこないことで勃起不能、勃起障害が起こってしまうのです。

そして、この酵素を少なくして勃起を促すのがED治療薬なのです。
こういった障害が起こりうる原因としてはもちろん加齢による器質的なものもは考えられますが、糖尿病や心臓病などの慢性的な疾患やうつ病などの精神障害、また前立腺がんなどの手術が代表的なものとしてあげられています。
また、緊張や心理状態によっても起こるものですから誰にでもなる可能性があるものなのです。