ED治療薬とは

ED治療薬とは、男性の勃起不全・勃起障害の治療、改善の際に用いられるものであり、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類がよく知られています。
1998年に世界初のED治療薬であるバイアグラがアメリカで販売開始され、世界中で爆発的に広がっていきました。

昔から勃起不全・勃起障害などの症状は多くの男性にとっての大きな悩みの種であり、それまで明確な改善方法もなかったことから「夢の薬」などと呼ばれ、多くの男性の希望となったのです。
もともと1990年代に狭心症の治療のためにシルデナフィルの研究と開発を進めていたのですが、その効果はなかなか出ませんでした。
しかし、臨床実験によって男性の勃起障害に効果があることが分かり、そこからバイアグラが生まれたのです。
バイアグラの誕生後、レビトラ、シアリスと次々と新しいED治療薬が開発され、その人の症状や体に合わせて選べるようになりました。

日本国内では医療用医薬品としての扱いとなっており、購入の際には医師の処方が必要になります。
これは副作用や飲み合わせの悪い薬などがあり、病気を持っている人などはその種類によっては命の危険も出てくるからです。

それでも日本国内で購入する場合、処方薬だというのと同時に保険適用外であるため、その費用は高額になります。
そのようなことから、個人輸入代行業者を利用して通販で購入する人も増えているようです。
個人輸入代行業者を利用して購入する場合には、服用などすべて自己責任となりますから、購入の前には十分な知識が必要となりますので注意してください。