正規品を購入するために

レビトラを個人輸入による通販で注文する場合、きちんと正規品を購入しているかどうかがとても大切になります。
ED治療薬は処方薬となりますから、日本国内での購入には医師の診断が必要になりますし保険適用外になるので費用も高額になることがあります。

そこで個人輸入による通販を利用して格安で手に入れようと考えている人もいるでしょう。
しかし、これは便利な反面きちんと下調べしておかなければとても危険なことになるのです。

まずレビトラはバイアグラやシアリスと比べても副作用が出やすいED治療薬として知られています。
ですから、自分が今服用している薬がある場合や持病がある場合には確認が必要になります。

また、適正な規格のものを服用しなければどんな薬であっても効果が出ないばかりか、健康被害や最悪の場合には死に至るケースもあるのです。
きちんと正規品を購入するためには、まずどのような規格のものがあるのか把握しておいてください。

基本的にレビトラの場合には5mg・10mg・20mgの3種類が正規品の規格になっています。
中でも5mg・10mgは流通も少ないですから、この2種類の規格のものがおいてあれば正規品である可能性が高いと言えるでしょう。
逆に20mgだけ、またはそれ以上の規格のものが置いてあるところは偽物であると断言していいでしょう。
なぜなら、20mg以上の規格は世界中どこの国であっても認められていないからです。

個人輸入による通販は大変便利ですが、まずはこのような点に注意して正規品を置いている業者を探すところからはじめてみてください

ジェネリック ではない本物のページはこちら