ハネムーンの時にバイアグラを携帯しました

短小包茎で経験不足をバイアグラでカバーしました
私はもともと短小で仮性包茎でしたから、20代はとにかく女性との恋愛に奥手でした。正直言えば風俗以外の性経験がありませんでした。
32才の時に結婚紹介サービスを通して結婚したのですが、最も焦ったのが夫婦の性生活の事です。結婚が決まった時に即EDクリニックへ行って、仮性包茎の事を相談しました。

また緊張のあまり勃起しない場合にどうすれば良いかも質問したのです。そこで提案されたのが亀頭増大の注射とバイアグラの使用でした。亀頭増大をすれば仮性包茎程度の皮被りは何とかなると言われ、それは即受ける事にしました。
するとホントに包皮が剥けた状態になったのです。後は性行為の30分前にバイアグラの服用をするように言われました。こうしてクリニックでの治療はあっという間に終わりました。

私は家に帰って、こっそりとバイアグラの効果を試してみました。夕食前に1錠飲んで、食後の風呂上りでオナニーをしてみたのです。
するといつもより激しい勃起力で本当にびっくりしました。はっきりと言って痛いくらいのフル勃起状態でした。しかも3回射精した後でも、刺激を加えるとまた勃起するのですから、これなら安心だと思いました。

ハネムーンでは服用タイミングに困りました
結婚式の後、ハネムーン旅行にハワイへ行きました。もちろんバイアグラをたっぷりと携帯していきました。
ただし、バイアグラを飲むタイミングが難しかったのを覚えています。なぜなら性行為に入るのが夜の決まった時間という訳ではなかったからです。

到着日は夜の散歩から帰ってからでしたので分かり易かったですが、翌日は午前中に行い、その日は夜中にも愛し合いました。
午前中の時はバイアグラ無しでのチャレンジとなり、内心ひやひやモノでした。でも前日に成功させている事実が自信となって、何とかやり遂げる事ができたのです。

その後もバイアグラを使ったり、使わなかったりしましたが、結論としては問題がありませんでした。
ただしバイアグラを使用した時の勃起力が明らかに強いために、彼女もちょっと不審がっていたようです。
後で秘密を打ち明けたので笑い話になっていますが、時々体調不良の時は、今でもバイアグラを利用しています。