バイアグらのジェネリック医薬品のコスト

性交というのはパートナーがいないとできません。
しばらくパートナー不在で、久しぶりに相手ができたときに心配になるのは果たしてきちんと性交ができるだろうかということです。
つまり十分に勃起が維持でき、早すぎず遅すぎずの射精というかたちで終わることが可能かどうかということです。
精神的にも久々ということで緊張していますし、相手との相性もあります。
気を遣うのは男性の方が多く、若いころのように簡単に勃起が得られるという訳には行かないのです。
このような心配をしないためには、バイアグらの様なED治療薬を使うのが一番です。
若い時と同じかそれ以上の硬度を保つことができるので重宝する薬です。
空腹時にのまないといけないとか、性交の30分前にのまないといけないなどの注意点がありますが、実戦ではいきなり挿入ということはなく、いちゃいちゃに30分くらいかけるのが普通ですから、直前にのんでもさほど問題はありません。
気になるのは、むしろコストの方になります。
泌尿器科に行って処方してもらうと一錠2500円程度かかります。
1回程度ならさほど気になる値段ではないのですが、性交の機会の多い人にとっては、無視できない負担になります。
コストを低減するためにはバイアグらのジェネリック医薬品を使うのがよいでしょう。
カマグラゴールド等のインド製の薬を個人輸入代行業者を通じて購入すればコストは劇的に抑えられます。
通販サイトで購入するのと同じ感覚で注文できるのでとても便利です。