ハネムーンの時にバイアグラを携帯しました

短小包茎で経験不足をバイアグラでカバーしました
私はもともと短小で仮性包茎でしたから、20代はとにかく女性との恋愛に奥手でした。正直言えば風俗以外の性経験がありませんでした。
32才の時に結婚紹介サービスを通して結婚したのですが、最も焦ったのが夫婦の性生活の事です。結婚が決まった時に即EDクリニックへ行って、仮性包茎の事を相談しました。

また緊張のあまり勃起しない場合にどうすれば良いかも質問したのです。そこで提案されたのが亀頭増大の注射とバイアグラの使用でした。亀頭増大をすれば仮性包茎程度の皮被りは何とかなると言われ、それは即受ける事にしました。
するとホントに包皮が剥けた状態になったのです。後は性行為の30分前にバイアグラの服用をするように言われました。こうしてクリニックでの治療はあっという間に終わりました。

私は家に帰って、こっそりとバイアグラの効果を試してみました。夕食前に1錠飲んで、食後の風呂上りでオナニーをしてみたのです。
するといつもより激しい勃起力で本当にびっくりしました。はっきりと言って痛いくらいのフル勃起状態でした。しかも3回射精した後でも、刺激を加えるとまた勃起するのですから、これなら安心だと思いました。

ハネムーンでは服用タイミングに困りました
結婚式の後、ハネムーン旅行にハワイへ行きました。もちろんバイアグラをたっぷりと携帯していきました。
ただし、バイアグラを飲むタイミングが難しかったのを覚えています。なぜなら性行為に入るのが夜の決まった時間という訳ではなかったからです。

到着日は夜の散歩から帰ってからでしたので分かり易かったですが、翌日は午前中に行い、その日は夜中にも愛し合いました。
午前中の時はバイアグラ無しでのチャレンジとなり、内心ひやひやモノでした。でも前日に成功させている事実が自信となって、何とかやり遂げる事ができたのです。

その後もバイアグラを使ったり、使わなかったりしましたが、結論としては問題がありませんでした。
ただしバイアグラを使用した時の勃起力が明らかに強いために、彼女もちょっと不審がっていたようです。
後で秘密を打ち明けたので笑い話になっていますが、時々体調不良の時は、今でもバイアグラを利用しています。

バイアグラの副作用

勃起不全で悩んでいらっしゃる方の中には、通販を利用してファイザー製薬のバイアグらなど、ED治療薬を試してみたいと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
しかし効果が実証されている分、副作用が伴うのではないかと使用を懸念されている方も居るかと思います。
ここではバイアグラを使用する事で考えられる副作用を、いくつかご案内したいと思います。

まずバイアグラの特徴として、血液の流れを良くする効果があります。
効果がしっかりと効く事により、顔面のほてりやめまいなどを感じる方もいらっしゃいます。
これらは全身の血流の流れが活性化され、良くなり過ぎてしまい起こる現象です。
その他にも鼻水や鼻づまり・腹痛・消化不良・筋肉痛などがよく聞かれますが、血流の流れが全身に影響を与えたと考えられるもので、大きな心配はいらないと言われています。

バイアグラの使用で注意しなければいけないのは、他の薬との飲み合わせです。
誤った認識を持っていらっしゃる方もいるようで、バイアグラは精力剤ではなく医薬品になります。
心臓病や糖尿病・肝臓障害で医師から薬を処方されていらっしゃる方は、服用に注意が必要になります。
特にニトログリセリンを内服されている方は、過度の血圧低下を引き起こす可能性があります。
また服用している薬と併用する事で、効果が感じられなかったり体調に変化を感じる事も予想されます。
安全に使用したいと思っていらっしゃるのならば、かかりつけ医に一度相談する事をお勧めします。
バイアグラを使用するに当たりしっかりとした知識を頭に詰めておく事で、勃起不全の解消に一歩近づくのではないでしょうか

ED治療薬とは

ED治療薬とは、男性の勃起不全・勃起障害の治療、改善の際に用いられるものであり、バイアグラ・レビトラ・シアリスの3種類がよく知られています。
1998年に世界初のED治療薬であるバイアグラがアメリカで販売開始され、世界中で爆発的に広がっていきました。

昔から勃起不全・勃起障害などの症状は多くの男性にとっての大きな悩みの種であり、それまで明確な改善方法もなかったことから「夢の薬」などと呼ばれ、多くの男性の希望となったのです。
もともと1990年代に狭心症の治療のためにシルデナフィルの研究と開発を進めていたのですが、その効果はなかなか出ませんでした。
しかし、臨床実験によって男性の勃起障害に効果があることが分かり、そこからバイアグラが生まれたのです。
バイアグラの誕生後、レビトラ、シアリスと次々と新しいED治療薬が開発され、その人の症状や体に合わせて選べるようになりました。

日本国内では医療用医薬品としての扱いとなっており、購入の際には医師の処方が必要になります。
これは副作用や飲み合わせの悪い薬などがあり、病気を持っている人などはその種類によっては命の危険も出てくるからです。

それでも日本国内で購入する場合、処方薬だというのと同時に保険適用外であるため、その費用は高額になります。
そのようなことから、個人輸入代行業者を利用して通販で購入する人も増えているようです。
個人輸入代行業者を利用して購入する場合には、服用などすべて自己責任となりますから、購入の前には十分な知識が必要となりますので注意してください。

お得に正規品を購入するなら

この近年さまざまな要因から、勃起不全に陥り悩んでいらっしゃる方が急増しています。
今では病院でのED治療を推奨していますが、実際はなかなか人に悩みを打ち明けられず1人で抱え込んでいる方が多いのが現状です。
日本の薬局でED治療薬を購入するには処方箋は必要ですが、出来る事なら病院に行かずにバイアグラなどの治療薬を購入したいと言う方が殆どではないでしょうか。

そこでお勧めなのが、個人輸入代行業者を利用した通販サイトでの購入です。
ファイザー社の正規品バイアグらを取扱っている通販サイトも多く、今注目を集めています。
購入するなら、少しでもお得にと思うのは皆さん一緒ではないでしょうか。
ここではお得に正規品のバイアグラを購入出来る方法を、ご案内したいと思います。

お得なファイザー社の正規品バイアグラを購入する方法として、取扱っている通販サイトの会員登録制度などで発行されるポイントをうまく活用する方法です。
海外の輸入医薬品は、為替変動などで料金が一定しない場合が多いです。
ある程度継続して使用が見込まれる場合などは、信頼のおける通販サイトに会員登録しポイントなどを溜めて購入する事をお勧めします。
長期間使用する場合には、お得に購入出来るのではないでしょうか。

その他に有効な方法としては、用量が多い正規品バイアグラを購入し半分などにカットして使用する方法です。
日本では50mgまでしか正規品バイアグラは販売されていないのですが、海外では100mgのバイアグラも販売されています。
しかも、価格は殆ど変わりません。
自分で使用する量を調整する事で、お得に正規品バイアグラを購入出来るのではないでしょうか。

ファイザー社製について

誰もが一度は耳にした事があるバイアグラと言う医薬品ですが、中にはED治療薬ではなく精力活性剤的なイメージを持っていらっしゃる方も居るのではないでしょうか。
アメリカのファイザー社で製造・販売されているバイアグラは、日本で最初に認可を受けた勃起の手助けをするED治療薬です。
世界的にもED治療に多く用いられている医薬品ですが、近年は誤った認識などから類似品や阻害品も多く出回っています。
ファイザー社で販売されているバイアグラについて、ここで詳しく触れてみたいと思います。

世界屈指の製薬会社と言われているファイザー社ですが、バイアグラなどの他にもさまざまな医薬品の研究でも知られています。
バイアグラは世界で始めて飲むED治療薬として、1999年に販売されました。
日本でもED治療薬として、最初に認可が下りた医薬品として知られています。
ファイザー社のバイアグラは日本を始めとし、世界的に人気でシェアの半分を占めていると言っても過言ではありません。
その一方で治療薬ではなく誤ったイメージが広まり、ネット通販を中心に類似品などが今も尚広まっている医薬品の一つに挙げられます。

ファイザー社製のバイアグらを通販で購入するには、信頼度の高い通販サイトを利用することで購入が可能になってきます。
個人輸入代行についてしっかりと明記している通販サイトや、薬事法などで数量が限定されている旨アナウンスを行なっている通販サイトなどは、ファイザー社製のバイアグラを取扱っている通販サイトと認識していいと言えます。
病院などに行く事が出来ず悩んでいらっしゃる方は、一度通販サイトを見てみるといいのではないでしょうか。